世間で騒がれている「待機児童問題」にイマイチ熱くなれない

「保育園落ちた日本死ね」と題した匿名ブログ記事がもうずっと話題になっていますが、私は自分も保活で苦労している身でありながら、イマイチこの手の「待機児童問題」に熱くなれないでいます。

保育園が足りていないのは事実なんだろうし、我が家も落選したら困るのは確かなんですけど(実際お兄ちゃんの保活では、時間もお金も体力も限界まで使いました…)。

それでも私は、この手の話題がニュースになるたびに、「や、わかるんだけど、ちょっと違うんだよな〜感」をぬぐえずにいます。

なぜなら、この手の問題が、世間では必ず「保育園増やせ!」という方向で盛り上がってしまうから。

まあ、「待機児童問題」なんだから、そりゃそうなんでしょうけども。

でもでも。でもですよ。

みんな本当に、そんなに、どーーーーうしても、なんがなんでも、「保育園に入れて働きたい」んですかね???

本当に???

私はどっちかというと、「フルタイムで共働きしなくても、無理なく子育てできる環境」がほしいなぁ。
働くことは嫌いじゃないし、必要だとも思うんですが、未就園児を9時間も10時間も預けてまで働きたいとは、思ってないの。

もちろん、「シングルで子育てしている」「明日食うにも困るくらい逼迫している」「仕事が生きがい」「社会との繋がりがほしい」などなど、今どうしても働きたい、あるいは働かねばならない、という人もたくさんいるでしょうし、それはそれでいいと思うのです。

でも、髪振り乱して必死に保活している人の中には、「将来的にどんどん重くなる子育て費用のために仕事を辞めるわけにはいかない=なにがなんでも今預けて働きたいのとはちょっと違う」という人も、一定数いるんじゃないのかなぁと、思ってしまうのです。

だから、「待機児童を減らすためには〜」というお題が出ると、私なんかは、「保育園を増やす」よりも、「保育園に子供を預けてまで働く親を減らす」という方向にならないもんかな〜と思ってしまい、世の中の動きに乗っかり切れないんですよね。

件の「保育園落ちた日本死ね」という記事で言えば、

金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。

この「子供にかかる費用全てを無償に」の部分にこそ、ものすっごく共感するというか。

まあ、「全て無償」だとちょっと大変そうだから、「大学までの学費すべて無償」とかですかね。個人的な希望としては。

もしそれが実現されたら、フルタイム勤務じゃなくて、子供が幼稚園や学校に行っている間だけ働くスタイルにしたいなぁ。私だったら。(そうしたら、保育園の枠が1枠空きますよ!)

という感じで、ガッツリ働きたい・働かねばならない理由の大部分が「子供の教育費」で、そこが解消されるなら仕事をセーブしてもいい(保育園じゃなくてもいい。将来再就職するにしても、待遇にそこまでこだわらない)っていうご家庭って、そこそこあるような気がするんですけど、どうなんでしょうね。

ついでに言えば、子供の数を制限する、あるいは産まない理由の大部分が「子供の教育費」であるパターンも、けっこうある気がするんですけど、どうなんでしょうね。

自分がそうだから、そんな気がするだけかしら。

いずれにしても、財源のことを考えたら、どんな策もそう簡単なことではないんですけれど。

とりあえず、「保育園増やせ!」じゃなくて「学費を無償に!」っていうデモだったら、熱い気持ちで参加したかもしれません(いや、どうだろう)。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする