束の間の専業主婦体験。楽しかった&幸せでした(^^)

先週、下の子の検診が平日の中途半端な時間に予定されていたので、1日休みを取りました。

在宅勤務にしても良かったんですが、急ぎの仕事もなかったので、この機会に家事や自分の用事を済ませることに。

で、育休以来の、次男とふたりきりの昼下がり。

「りんご食べたい~」と言われたらむいてあげて、

「お洗濯てつだう~」と言われたら一緒に干して、

「おかぁのおひざで絵本読む〜」と言われたら読んであげて、

なんだかとっても幸せでした。

ずっと気になっていたところも整理でき、出てきた不用品をメルカリに出したら5分で売れ(1,600円の売上げ♪)、そのまますぐに梱包して、検診ついでに発送して。

検診帰りにヨーカドーに寄って、お兄ちゃんの足りなくなった文房具を買い足したり、次に取り組む問題集を物色したり。

子供たちから「焼きいも食べたい」って言われてたな~と思い出して、さつまいも買って低温で2時間かけて焼き芋つくったり。

兄弟そろって進級したスイミングの新しいワッペンを帽子に縫い付けたり。

いろいろスムーズに進むのが楽しくて、やっぱり私は、こっちの生活がしたかったなぁと改めて思ったのでした。(何度目だ)

もちろんずっとじゃないし、完全な専業主婦でなくていいんですけど。

子供が私を必要としてくれているうちは、仕事よりも、子供と関わる時間や、子供のために費やす時間のほうを優先したかった。

子育ては時間の長さじゃない、質だと言う人もいるけれど、私はやっぱり、物理的な時間の長さも大事だと思います。

今となっては、そうできていない(そしてこれからそうする勇気もない)人生設計の甘さを悔やむのみですが…。

結婚することも、子供を持つことも、リアルには想像できなかったもんな~~~。

小学生くらいから、どういう未来の選択肢があるのか、現実的なことをみっちりたっぷり教わりたかった(涙)

それでも、今望んでいる道を選択できた保障はないですけどね。

とりあえず息子たちには、可能性と選択肢を最大限広げてあげられるよう、非力な親ではありますが…全力でサポートしたいと思っています。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする