小1長男用に国語辞典と漢字辞典を買いました。

子供の頃、何かわからないことがあって親に質問すると、必ず「辞書で調べてみな〜」と言われていました。「それでもわからなかったら、聞きにおいで」とも。

それが何年生くらいからの習慣だったのかは記憶にありませんが、とりあえずそんな環境だったので、私たちきょうだいは、自然と辞書を引くという習慣が身についていました。


こちら、実家から持ってきて、今も使っている辞書。何年選手かな〜。

そんな背景もあり、我が子にもぜひ辞書を引く習慣をつけさせたいと思っているワタクシ。

お兄ちゃんが5歳の頃から、「ことばえじてん」を使って、辞書の引き方を教えてきました。

が。

さすがに小1も終わりになってくると、ことばえじてんでは、調べたい言葉が載っていないことの方が多く。

最近では、私の辞書(上の写真のやつ)をいつのまにか持ち出してきて、調べるようになってきました。

お、そろそろ、か…?

ということで、小学生向けの国語辞典と漢字辞典を買い揃えることにしましたよ。

購入するに当たってまず確認したのは、学校指定のものがあるかどうか。

これは「特にないです」とのことだったので、クリア。

次に本人の希望を聞いたら、「フルカラーじゃなければなんでもいい」と言うので(お母さんも大賛成よ!)、これもクリア。もろもろリサーチもしつつ、馴染みのある三省堂のものをチョイスしました。

学校に持っていくのはまだ数年先でしょうから、いったんワイド版のほうを。

ポイントは、2色刷で赤の色味がほどよく、見やすいワイド版でも軽量で、最近の付箋学習に対応した余白がある、などなど。

とても使いやすそうです。

現物を本屋で見て、実際の購入は通販にしたので、届くのは明日以降。

長男がソワソワと待ちわびています。いいねいいね。

しっかり使い倒しておくれー!

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする