共働き家庭にはちょっと厳しい…と思った学校の宿題

昨日、小1長男が、学童から帰宅するなり言いました。

「明日音楽があるから、ピアニカの練習をしてきてくださいっていう宿題が出たよ」

あ、明日…!?

いま、18:45ですけど…。。。

この宿題を出した先生は、共働き家庭のことは全く頭になかったのでしょうか…。

だって、楽器の練習って、何時までOKなの?

集合住宅なら、遅くても18:00までじゃない?(朝は8:00以降じゃない?)

そうなると、フルタイム勤務のご家庭には厳しいですよね。時短勤務でも、我が家みたいに18時を過ぎるケースだって多々あるだろうし。

あ!

それともアレかしら。学童でやれってこと?

書いてみて初めて思い至りましたが、もしかして公立学童だと、そういう宿題もみんな学童にいる間にやっているのでしょうか。

ちょっと近所のママさんに聞いてみたいと思います…。

いずれにしても、長男の通っている民間学童では現実的ではない気がしますが(汗)

と、こういうところでも、小1の壁というか、小学生の壁を感じるなぁ…と思った出来事でした。

(ちなみにピアニカの練習は、事情を連絡帳に書いてパスさせました。お布団被ってでもやらせるべきだったか…?)

あと宿題じゃないですが、「明日から運動会の練習で黒い長ズボンを使いますので持たせてください」と言われた時も、焦りました。

夏前だったので、すでに日常着はすべてハーフ丈にしていて、長ズボンはサイズアウトしたまま買い足していなかったんですよね。

なので、「いま履けるサイズの黒い長ズボンは無い」という状況で。

この時は帰宅途中の夫に連絡して、22時までやっているユニクロで買ってきてもらって事なきを得たのですが…。

それにしたって、今日の明日で●●を用意してくださいというのは、、、ちょっと厳しいですよね。

両親のどちらかが家にいるご家庭だって、そんなに何でもかんでもすぐに対応できるわけじゃないと思うし。

そのあたり、もう少し配慮してもらえたら良いのですがね。

公立小学校とは、こんなものでしょうか…。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする